​器の修繕のご相談

◎お預かりできる器・できない器について

※一部の器はお持ち込み頂いても、修繕を承ることができませんので、
必ずご確認の上、ご依頼くださいませ。
  • ただいま、たくさんのご依頼を頂いておりまして、お返しするまでに12カ月(1年)以上お時間を頂いておりますこと、ご了承くださいませ。

  • 鹿児島県内3店舗の取次店へのお持ち込み、もしくは、発送にて承ります。

  • お支払いは、修繕完了後、お品物をお返しする際に、現金またはお振込にて、承ります。(※決済の都合上、取次店店頭では、クレジットカードのご使用はできませんのでご了承くださいませ)

  • 一度接着剤で接着したものの剥離作業は、大変負担が大きいので、申し訳ございませんが、承っておりません。

  • ホツレ、ヒビ、ワレ等の修繕に対応しております。破片がない部分についても、漆や和紙等で破片を作成して修繕致します。

  • 仕上げにつきましては、金・銀・錫・漆仕上げからお選びいただけます。店頭にサンプルをご用意しております。いずれも食器として安全で、美しく、伝統工芸の漆芸の問屋さんより仕入れた素材のみ使用しております。(アルミ等の代用粉、真鍮粉等は一切使用しておりません)

  • 花器や水槽等、長時間にわたって浸水し、水圧のかかるものにつきましては、漆による修繕で強度が担保できないため、お預かりできない場合がございます。

  • 花器やピッチャー等、口が狭く深さのあるもので、傷が底深くにある場合、内側からの処理が難しくなるため、水漏れを止める修繕はできない場合がございます。

  • ガラスの修繕につきましては、複雑すぎないもの、ある程度の厚みがあるもののみ承っておりますが、個別相談となります。

  • 漆による修繕を施しました器は、電子レンジや直火、食洗器等お使いになれませんこと、ご了承くださいませ。

  • 陶磁器(屋外使用の植木鉢は除く)を中心に承っております。木製品に関しては、要相談となります。

  • 器と修繕の情報や写真のみ、webや各種SNS、紙面に掲載させていただくことがございます(お客様の個人情報は一切含まず、また、お客様の特定される手作り品やお名前の入った部分は除きます。万が一掲載不可の場合は、ご遠慮なくお申し付けくださいませ。)

◎仕上げについて

漆と天然素材でワレを接着し、ホツレやヒビ等を埋めた後、最終的な仕上げとして、蒔絵の技法で金粉等を施します。

お値段は、金・銀・錫・漆(黒・茶色・朱色・ベージュ等)の順になっております。
あわせてお見積にてお知らせいたしますので、ご希望の仕上げがございましたら、お知らせくださいませ。
また、お値段の幅で仕上げをお任せいただくことも可能です。

 それぞれの仕上げにつきまして、過去の修繕例をご覧くださいませ。
​  →Instagram @chihozushi
           https://www.instagram.com/chihozushi
 
【「丸粉」と「消し粉」について】

金銀には、「消し粉(けしふん)」と「丸粉(まるふん)」という2つの粉の種類があります。

◉「​消し粉」

工程が少なく、比較的簡単に仕上がります。
しかし、非常に細かな粉が、器の表面にむき出しに蒔きつけてあるだけの状態ですので、剝がれやすく、日常使いの器の修繕には適しておりません。
 →図師千穂の修繕では、基本的に使用しておりません。


◉「丸粉」

工程が多く、きれいに仕上げるには技術も手間も必要になります。
しかし、一旦蒔いた粉の上から、漆で再度固めて、研ぎ出して、輝きを引き出していますので、比較的強度があり、日常使いの器の修繕にお勧めしております。
 図師千穂の修繕では(お客様からのご要望や、特殊な箇所や器の状態を除き)技術と手間を惜しまない「丸粉」仕上げをしております。


​お客様にとって、よい修繕となりますよう、手間暇を惜しまず、品質に妥協ない修繕をさせて頂いております。